青森県

AREA_NAME 北海道・東北 PREF_NAME 青森県 RECIPE_NAME せんべい汁 RECIPE_HEAD

鶏肉などでとったスープに季節の野菜やきのこを入れて醤油などで味付けをし、汁物専用の南部せんべい(白せんべい)を割り入れ煮込んだ汁物です。だしには肉類のほか県南地方でとれる鯖もよく使われます。 八戸市を中心とした県南地方、岩手県北の一部で食べられており、だしのうま味がたっぷりしみ込み、シコシコした南部せんべいの食感が人気です。せんべい汁は、長い歴史をもつ南部せんべいがお菓子としてだけでなく、様々な食べ方で愛されてきた食文化の代表作と言えます。

肉や魚の出汁はうま味たっぷり。具材の野菜、醤油などの調味料のうま味が重なり、味わい深い伝統の汁物です。

RECIPE_HEADEND MATERIAL_TITLE MATERIAL_HEAD MATERIAL_1

(4人分)

南部せんべい(せんべい汁用)12~16枚

鶏もも肉(一口大)100g

ごぼう(ささがき)60g

にんじん(ささがき)60g

糸こんにゃく(5cm長さ)40g

しめじ(ほぐす)40g

キャベツ(一口大、芯と葉を分ける)80g

長ねぎ(斜め細切り)80g

MATERIAL_2

 

だし汁 8カップ

しょうゆ 1/2カップ40g

酒 大さじ2

みりん 小さじ2

塩 適宜

MATERIAL_FOOT
HOWTOMAKE COOKING1 COOKING2

鍋にだし汁を入れて火にかけ、ごぼう、にんじん、糸こんにゃく、しめじを加える。沸騰したら鶏もも肉を入れてアクを取りながら煮る。

 

①の具材に火が通ってきたらキャベツの芯の部分を加える。

 

しょうゆ、酒、みりんで調味し、キャベツの葉の部分を加えて強火で加熱する。

COOKING3 COOKING4

沸騰したら、せんべいを3~4つに割って入れる。長ねぎも加えて煮込む。

COOKING_IMG COOKING_COMMENT

せんべいが食べごろになったら出来上がり。味をみて薄ければ塩で調整する。

COOKING_IMG POINT_START

鶏もも肉100gのうち30gを豚肉(こま切れ等)にするとスープにコクがでます。

今回はしめじを使用しましたが、お好みのきのこをお使い下さい。

だし汁は、昆布とかつお節でとる一番だしを使用しましたが、和風顆粒だしでも代用できます。その場合はしょうゆを減らして塩分を調整してください。

③の時点ではやや薄めの味。後で加えるせんべいから塩分がでます。

⑤の煮込み時間は使用するせんべいによって異なります。せんべいの食べごろの目安は、コシのあるうどん程度の柔らかさになった状態です。パスタで言う「アルデンテ」の食感がベストです。

POINT_END