兵庫県

AREA_NAME 近畿 PREF_NAME 兵庫県 RECIPE_NAME いかなごのくぎ煮 RECIPE_HEAD

瀬戸内海沿岸では、2月末頃から約1ヶ月程度の短い期間行われる「いかなご新子(しんこ)漁」は、瀬戸内海の春の風物詩です。この時期に獲れた新子(いかなごの幼魚、体長3~4cm)を、醤油、みりん、砂糖、生姜などで炊きあげたものを「くぎ煮」と呼んでいます。 出来上がった姿が曲がった「古釘」に似ていることから、この名前がつけられました。長期保存が可能なカルシウムたっぷりの一品で、春先には各家庭でいかなごを炊く光景がよくみられます。

白いご飯との相性が良いので、昔から、日本人の炭水化物とタンパク質源であったお米を美味しく食べるための工夫といえるでしょう。甘味、塩味、うま味で包まれたいかなごのくぎ煮とご飯は食欲をそそります。

RECIPE_HEADEND
COOKING1 COOKING2 COOKING3 COOKING4