石川

AREA_NAME 中部 PREF_NAME 石川県 RECIPE_NAME かぶら寿し RECIPE_HEAD

冬の日本海でとれる脂ののった寒ブリを塩漬けにし、季節のかぶらに切れ目を入れて挟んで麹(甘酒)に漬けたなれずしの一種です。北陸の厳しい寒気で発酵が抑えられ、徐々に熟成するかぶら寿しは、江戸時代から冬の金沢の味として親しまれています。各家庭で漬け込むことも多く、ブリのほか塩サバなどを使うこともあります。正月の味を代表するかぶら寿しは、漬け込み用の「麹」や「甘酒」がスーパーで販売されており、その漬け込んだかぶら寿しを各家自慢の味として交換します。富山県でも同様のかぶら寿しが盛んに食されています。

熟成したかぶら寿司は、乳酸菌による酸味、塩漬けにしたぶりのうま味が濃縮され、酸味、うま味、塩味のバランスを、発酵食品独特の香りが引き立ててくれます。

RECIPE_HEADEND
COOKING1 COOKING2 COOKING3 COOKING4