神奈川県

AREA_NAME 関東 PREF_NAME 神奈川県 RECIPE_NAME かんこ焼き RECIPE_HEAD

相模原市津久井地区に江戸時代から伝わる伝統の味です。春の山菜や秋のきのこ等四季折々の地元食材を小麦粉の皮に包んで焼き上げます。「かんこ」は雅楽で使われる太鼓の一種で、形が似ていることからその名が付きました。 昔は稲作に適さない山間地であったため御飯の代用食として食べられていましたが、最近は各家庭の手近な材料を包み込みおやつとして親しまれています。地元の女性グループ(企業組合)では、風土を活かした手作りの味として様々な具材を開発しながら、かんこ焼きの製造販売に取り組んでいます。

郷土のおやつとして人気のかんこ焼きですが、具材を変えると手軽なお昼ごはんにもなります。山菜やきのこなどが有名ですが、挽肉などの肉類を入れてもおいしそうです。焼いてから蒸す調理法なので、いろいろな具材にチャレンジするとうま味たっぷりな料理になりますね。

RECIPE_HEADEND
COOKING1 COOKING2 COOKING3 COOKING4