山口県

AREA_NAME 中国・四国 PREF_NAME 山口県 RECIPE_NAME ふく料理 RECIPE_HEAD

ふぐの本場である山口では、縁起をかつぎ「ふく(福)」と呼びます。 山口のふくの歴史は古く、貝塚から出土したふくの骨は三千年以上前から食用にされたことを示しています。しかし卵巣や肝臓にある毒は有名で、秀吉時代に多くの兵がその毒にあたり、以後、食用が禁止されていましたが、明治21年伊藤博文が下関市でふく料理を許可してからは、全国に知られるようになりました。 料理は、刺身、ちり、雑炊などがあり、透けて器の模様が見えるほど薄く切った刺身には、わけぎ、紅葉おろし、だいだい酢を添えます。また、白子(雄の精巣)のうまさは格別とされています。

ふぐの刺身は淡泊な味を楽しみますが、ちり鍋や雑炊は、ふぐのあらや野菜が入ることで素材から引き出されたうま味成分が美味しい出汁になります。最後はうま味たっぷりの出汁とご飯で〆ましょう。

RECIPE_HEADEND
COOKING1 COOKING2 COOKING3 COOKING4