鶏肉のうま味メニュー

究極の洋風つくね

洋風食材のパルミジャーノ・レッジャーノですが
和風の甘しょうゆのたれとも非常に良く合います。
鶏肉の中に隠されたきざみドライトマトのうま味、酸味、
甘味が 感じられるまさに究極のつくねです。

究極の洋風つくね

※写真は1人分です。

< 食材のうま味数値 >

鶏肉

鶏肉

グルタミン酸 20〜50mg/100g
イノシン酸 150〜230mg/100g

パルミジャーノ・レッジャーノ

パルミジャーノ・レッジャーノ

(パルメザンチーズ)
グルタミン酸
1200〜1680mg/100g

ドライトマト

ドライトマト

グルタミン酸650mg/100g

グアニル酸10mg/100g

鶏肉にはうま味成分のグルタミン酸ナトリウムと
イノシン酸ナトリウム、パルミジャーノ・レッジャーノ
にはグルタミン酸ナトリウム、
さらにドライトマトにはグルタミン酸ナトリウムに加え
グアニル酸ナトリウムなどが豊富です。
この3食材をかけ合わせることで、
うま味の相乗効果がおき、おいしい料理になります。

  • 調理時間 25分
  • エネルギー 360kcal

材料(2人分)

  • 鶏ひき肉...250g
  • パルミジャーノ・レッジャーノ
    (すりおろす)...大さじ2
  • ドライトマト...2枚
  • 玉ねぎ... 1/4 個
  • 薄口しょうゆ...小さじ1
  • 酒...小さじ1
  • 塩、こしょう...各適量
  • 〈たれ〉 酒...大さじ2
    しょうゆ...大さじ2
    みりん...大さじ2
    砂糖...大さじ2

作り方

  • 1. ドライトマト、玉ねぎはみじん切りにする。
    鶏ひき肉、パルミジャーノ・レッジャーノ、ドライトマト、玉ねぎ、薄口しょうゆ、酒、
    塩、こしょうを混ぜ合わせ、6等分して棒状に成型し、串に刺す。
  • 2. 鍋にたれの材料を合わせて火にかけ、とろみがつくまで煮詰める。
  • 3. のつくねをオーブントースターまたは魚焼きグリルで焼く。
    ときどき2のたれを塗りながら、こんがりするまで8分ほど焼く。