魚介のうま味メニュー

海鮮丼

ごはんにお茶の葉を混ぜた変わりごはんの海鮮丼。
魚介類のうま味とお茶のうま味が合わさります。
後味に少しだけ残るお茶葉の苦味もこの海鮮丼の
おいしさのひとつです。

海鮮丼 + 緑茶の茶葉

※写真は1人分です。

< 食材のうま味数値 >

あじ

あじ

イノシン酸 270mg/100g

まぐろ

まぐろ

イノシン酸
250〜360mg/100g

ほたて

ほたて

グルタミン酸 140mg/100g
グアニル酸 14mg/100g

緑茶の茶葉

緑茶の茶葉

グルタミン酸
220〜670mg/100g

緑茶の茶葉にはうま味成分の
グルタミン酸ナトリウムなどが豊富です。
定番料理と組み合わせることで、
うま味の相乗効果がおき、おいしい料理になります。

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 440kcal

材料(2人分)

  • ごはん...400g
  • 緑茶の茶葉...大さじ1
  • あじ(刺身用)...1尾分
  • まぐろ(刺身用)...60g
  • ほたて(刺身用)...2個
  • もみのり...適量
  • 木の芽...適量
  • わさびじょうゆ...適量

作り方

  • 1. 緑茶の茶葉はミルサーなどで粉末にし、ごはんに混ぜてどんぶりに盛る。
  • 2. あじ、まぐろ、ほたては、食べやすい大きさにそぎ切りにする。
  • 3. のごはんにのりを敷き、あじ、まぐろ、ほたて、木の芽を彩りよく盛りつけ、
    わさびじょうゆを添える。