冬

二 ひさご寿し 代表取締役社長 川西 豪志 牛すじ肉赤こんにゃく日本酒煮込み

牛すじ肉赤こんにゃく日本酒煮込み

料理人からの一言
牛すじ肉と昆布をたっぷりの日本酒で長時間煮込んでできただしをそのまま使います。
調味料を足して、シンプルなうま味を引き出します。

材料(4人分)

  • 牛すじ肉400g
  • 赤こんにゃく100g
  • 長ねぎ1/2本
  • にんにくチップ適量
  • 昆布10g
  • 日本酒360cc
  • 360cc
  • こい口しょうゆ40cc
  • みりん40cc
  • 砂糖15g
  • (分量外:水)

作り方

  • 1. 牛すじ肉を1辺が2~3センチの大きさに切り、水から下ゆでする。
  • 2. 赤こんにゃくを好みの形に切り、ゆでて水にさらす。
  • 3. 牛すじ肉、日本酒、水、昆布を鍋に入れ2時間ゆっくりゆで、アクをすくう。
    ゆで汁が減ってきたら、水を加える。
  • 4. 3にこい口しょうゆ、砂糖、みりんと2を入れてさらに1時間煮込む。
  • 5. 3と同様に、煮汁が減ってきたら仕上がりまで水を加える。
  • 6. 5を盛りつけ、刻んだねぎとにんにくチップをふりかける。

ひさご寿し
代表取締役社長

川西 豪志

かわにし たけし

<プロフィール>

昭和51年生まれ。
18歳より料理の道へ入り、神戸・有馬の料理旅館で修行。平成15年に滋賀へ帰郷し、ひさご寿し・料理長となられました。日本庖丁道清和四條流に学ばれ、山王総本宮日吉大社や近江神宮など神社への奉納神事にも務めながら、滋賀と琵琶湖の食材を使い、伝統地域食文化に基づいた料理を得意とし、行政や大学とも連携しながら地域文化を料理人として研究を続けておられます。

<店舗情報>

ひさご寿し
日本料理・寿し割烹・関西伝統寿しの店。昭和37年創業。小さな食堂から始まり、仕出し持ち帰り寿し店、カウンター寿し店、個室座敷も持つ店へと時代の流れに合わせるように移り変わってきました。平成17年より地域の食材食文化に基づいた料理と寿しを提供するようになりました。創業来の名物「鯖寿し」に加えて「びわます棒寿し」や「近江牛とろ巻」など独自の寿し商品も生まれ、現在それらを合わせた「湖の国料理」を提供しています。